humhug.net

食と農から家族みんなの元気なココロとカラダづくりを応援します。
夏野菜の定番きゅうりをポリポリ楽しく食べちゃおう!line_1.gifkyuri.jpg

おいしいきゅうりの選び方

全体的に濃い緑色をしており、へたの切り口はみずみずしく、表面のイボがとがっているほど新鮮です。曲がりは味には無関係で、太さが均一のものが良いものです

line_2.gif

保存方法

水気をふきとり、通気のために穴のあいたポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。使い残しはラップに包んで同様に保存し、1~2日で使いきります。

line_2.gif

きゅうりの下ごしらえ

新鮮な証拠のイボは、料理には邪魔なものです。水洗いして塩を軽くまぶし、まな板の上で両手を使い前後に転がしてイボをとります。これは板ずりという下ごしらえで、仕上がりの色を美しくする効果もあります。

line_2.gif

使いきりアイデア

ほとんどが水分のきゅうりは脱水をしてから保存すると良いでしょう。小口切りにし、塩もみをして水気をしぼり、ラップに平らに並べて冷凍すれば、サラダや和え物、サンドイッチなどに使えます。

line_2.gif
きゅうりのお花畑をつくろう!

line_1.gif

1007step1.jpg

                                                                     

①板ずりをしたきゅうりをたて半分に切ります。

 

 

 

 

 


1007step2.jpg

                                                                     

②斜めに細かい切り込みを4本入れ、5本目で切り離し、これを繰り返します。

 

 

 

1007step3.jpg

                                                                     

 

 

③切り込みの左右の外側から2枚目をカールさせます。


 

 

 

 

 

1007step4.jpg

                                                                     

 

④形を整えたら完成です!カールがうまくいかない時は、塩を少々ふるとしんなりとし曲げやすくなります。


 

 

kyurilunch..jpg

【盛りつけ見本】
チューリップのハムとたまご焼きで、かわいいお花畑チラシ寿司ができました☆
他にも、サンドイッチの上に飾り付けるのもかわいいですよ!