humhug.net

食と農から家族みんなの元気なココロとカラダづくりを応援します。

画像一人っ子にありがちな「独占欲」

一人っ子の保護者さんがに

よく相談されることの一つに、

「独占欲が強い」

 というのがあります。

すべて自分のものである一人っ子さん

にはついついありがちな例です。

おウチに遊びにきてくれたお友達に

おもちゃを貸せなかったり、

「これはボクのだから!」

と主張したり…。

 もっと「譲るココロ」を

育んでもらいたい!

そんなママ・パパに保育士さんからの

アドバイスを3つお教えします!


《独り占めからみんなのものへ。意識を変える3つのステップ》


つくりかた1

 

画像

 

おやつの時間に、一人っ子の場合はお母さん等家族と一緒に食べます。

その時に、はじめから1人分づつ配ってしまうのではなく、

今日のおやつを見せ子どもに分けっこしてもらいます。


2


画像


夕食など家族みんなで食事をするとき、料理をあえて大皿に盛ります。

そこから家族みんなで食事をわけあう事を覚えさせます。

一人分づつはじめから決めてしまうと、それは自分のものという意識が

強くなり、好き嫌いや食べ残しもするようになります。


3


画像


“半分こ”というのが自然とできるようになれば、お子さんに

「譲るココロ」が育まれてきている証拠です。

また、わけあう時に自然と数を数える感覚も身についていきます。

 

アドバイス

 

一人っ子のお子さんが多くなってきた今は、ついつい王子様・お姫様の

ように家にあるすべてのものが自分のもの、という認識になりがちです。

なるべく、「ママと半分こしよう」とか「みんなでわけっこしよう」という

機会を作ってあげることで譲るココロを育むレッスンになります。

画像

おしえてくれたのは・・・いちかわ先生

次回は、12月1日更新予定です!お楽しみに☆

投稿日: 2010-11-15 コメント(0)トラックバック

トラックバックURL

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です