humhug.net

食と農から家族みんなの元気なココロとカラダづくりを応援します。

今回のhumhugグリーンツーリズムブログは10/1(土)に
神奈川県小田原市にて開催しました
 [農エンPROJECT 第1弾 田んぼでアソボ♪ 稲刈り編]の模様を
お届けします。

お陰さまで2011年最後のhumhugグリーンツーリズムイベントは
天候に恵まれ無事収穫の秋を迎える事が出来ました。

20111001odawara_1.png
台風の影響で稲の多くは倒れていましたが、稲自体は
まだ大丈夫でした。



20111001odawara_2.png
今回もお世話になりました株式会社ミナファの平井さんです。
今年も大変お世話になりました。



20111001odawara_3.png
そして今回もベジフルティーチャーの影山のぞみ先生
ご参加頂きました。humhugグリーンツーリズムイベントでは
もうすっかりお馴染みですね。

今回は春の田植えの時に出会った子供達に会えるのを楽しみに
されていました。影山先生にもこの半年間大変お世話になりました。



そして今回は「あぐろっぷ」スタッフの皆さんが応援に来てくれました。 
20111001odawara_4.png
その中でも「あぐろっぷ」代表の井上歩美さんと


20111001odawara_5.png
同じく「あぐろっぷ」の小林紀晃君。
この二人が今回の稲刈りの指導をしてくれました。


 ※「あぐろっぷ」とは法政大学の農業系サークルで
  大学生による、日本農業活性化を目的とする学生連合団体です。
  日本の農業の行く末をとても真剣に考えていて、様々な活動を
  行っているそうです。随時仲間の募集とイベントを行っているので
  興味のある方は是非あぐろっぷHPをご覧下さい。



20111001odawara_6.png
いよいよ稲刈りのスタートです。
5月に植えた稲がこんなに大きく育ちました。
皆さんの喜びも大きかったのではないでしょうか。




20111001odawara_7.png
自分の身長より高い棒ですが一生懸命稲を掛けてくれました。

ちなみに稲は2日間は干して乾燥させるらしいので良い天候が続く時が
良いとの事。この日は翌日の天気予報が良かったので大丈夫でした。

20111001odawara_8.png
子供達は大人に負けない程積極的に稲刈りを頑張ってくれました。





20111001odawara_9.png
そして稲刈りの合間に影山先生が紙芝居とクイズを行いました。

紙芝居は春の田植えの時に行ったのと同じ
「おおきくなあれ おいしくなあれ」です。
半年経った稲刈りの時に見るとまた違って見えたのではないで
しょうか。

 ※「おおきくなあれ おいしくなあれ」はお姉さんがお米の
  米田君(よねだくん)を一生懸命育てる感動の稲作紙芝居です。


20111001odawara_10.png
今回はお米の事をみんなにもっと知ってもらう為、お米が白米になる迄
の解説をしながら白米と玄米を食べ比べてもらいました。

どちらが美味しかったか質問すると白米よりも玄米を美味しいと言う
子が多くて驚きました!




20111001odawara_12.png
そして昼食後は影山先生のスペシャル企画です。
今回は「米田くんのおにぎりワールドツワー」と言う事で
世界中の様々な材料でふりかけを作ります。

まずみんなでご飯をラップに包み、ブンブンふりましわておにぎりを
作ります。




20111001odawara_13.png
そしてカップに入っている材料を少しづつ袋に入れてふりかけを
ブレンドしていきます




20111001odawara_14.png

これはカレー粉です。
ふりかけの材料はゆかり、鰹節、塩昆布と言った和風な物から、
バジル、ドライトマト、ドライパクチー、唐辛子、粉チーズや
ベーコンビッツなど様々な国の材料がありました。
これらをブレンドしてオリジナルふりかけを作りました。



20111001odawara_15.png
そして出来たふりかけをおにぎりにかけて完成です。
美味しく作れたかな〜?(^▽^

みんなとても楽しそうに熱中してました。




20111001odawara_11.png
こうして2011年最後のhumhugグリーンツーリズムイベント
無事終了致しました。

参加者の皆様お疲れ様でした。

スタッフの皆様お疲れ様でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回もエプロンはエプロンストーリー様よりのご提供です。
ありがとうございました!

今回のhumhugグリーンツーリズムブログは8/27に神奈川県小田原市
にて開催しました [農エンPROJECT 第2弾 夏休みスペシャル企画
田舎でアソボ♪Part2 梨の収穫・バームクーヘン作り体験]の模様を
お届けします。
201108odawara_1_1.png
当日は朝まで降っていた雨もやみ、その後は一日中曇り空だったので
直射日光も無く、割と過ごし易かったのが有り難かったです。

201108odawara_1_2.png
梨狩りの説明をされる株式会社ミナファの平井さん。 
今回もお世話になりました!

梨は意外とデリケートで傷つき易いので桃の様に
扱ってくださいとおっしゃっていたのが印象的でした。

201108odawara_1_3.png
そして5月の田植えイベントに引き続き今回も
ベジフルティーチャーの影山のぞみ先生に
参加して頂きました!!

イベントの為に梨に貼ったシールの解説をされています。

201108odawara_1_4.png
そして梨狩りの始まりです。皆さん良い梨とシールの貼られた梨を
探して頑張ってました!


201108odawara_1_5.png
親子で協力しての梨狩りです!良いですね〜!(^▽^


201108odawara_1_6.png
「良い梨はとれたかな〜?」「うん、これは食べ頃」
「これは1日待ったほうが良いな」などと平井さんに梨の状態を
チエックしてもらいます。


201108odawara_1_7.png
梨狩りと平行して影山先生のクイズも行われました。
みんな熱心に答えていました。


201108odawara_1_8.png
そしてお昼は平井さんの農場で採れた野菜のカレーです。
他にもサラダや丸ごとキュウリの浅漬けや梨を頂きました。
とっても美味しかったですよ〜!

201108odawara_1_9.png
そして昼食の後の2つのワークショップのうちの1つはバームクーヘン
作り体験です。塗っては焼き、塗っては焼きを繰り返すのですが、厚く
作るのは意外と大変!!
でも完成した時の達成感は大きくて皆さんとても喜んでられました。

201108odawara_1_10.png
そしてバームクーヘン作りと同時進行でもう1つのワークショップ、
影山先生の「梨サイダー&梨ジンジャーエール作り」も行われました。

子どもらが自分で潰した梨をサイダーやジンジャエールで割るので
達成感があり、味も目新しくて大好評でした。



尚、影山先生のこの赤い素敵なエプロンや他のイベントスタッフが
着用していたエプロンは今回もエプロンストーリー様から御提供
頂きました。ありがとうございました!


と言う訳で、天候にも恵まれ今回のイベントも無事開催する事が
出来ました!参加者の皆様ありがとうございました!
スタッフの皆様ありがとうございました!


ちなみに私も平井さんの梨を買って帰りましたが、お世辞抜きに
ビックリする程甘くて瑞々しくてとても美味しい梨でした!!


201108odawara_11.png
そして最後は小田原での稲の発育具合です。
秋の稲刈りが楽しみですね!!


今回は夏休みスペシャル企画 田舎でアソボ♪ Part1
「カブトムシ・BBQ・ホタル・花火!!」7/24(日)の模様をお伝えします。

当日は天候に恵まれ絶好のイベント日和でした!!

参加者の皆さんは集合時間の1時間前には全員集まってくださいました。
こちら迄は距離もありますし峠も越えなければなりません。まずはお疲れ様でした!

201107ibaragi_0.png
待ち時間の間は思い思いに虫取りを楽しんで頂きました。
既に大人も子供も虫探しに夢中です。


201107ibaragi_1.png
普段は制約しがちな大人達が草むらに率先して虫探しに入る様子は子供達には新鮮で
カッコ良く思えたのかもしれませんね。

201107ibaragi_2.png
子供達は虫探しや遊びに夢中でどんどん草むらや川入ってゆきます(^▽^

201107ibaragi_3.png
田んぼに隠れていた鴨くん達もぞろぞろと出て来てくれて皆さんをお出迎え
してくれました!!



201107ibaragi_4.png
今回も会場を御提供頂きました鴻巣さん。ご一家総出でイベントを開催して頂きました。
大変お世話になりました!!

201107ibaragi_5.png
いよいよカブトムシ探しに出発です。


201107ibaragi_6.png
どんどん登って行きます。子供達も既に熱くなっていました!
ドキドキわくわく!!

201107ibaragi_7.png
「カブトムシどこかな〜!」いつもは静かな山が今日はにぎやかです。
子供達は現代の街の子の筈ですが、虫探しに夢中で全然物怖じしない子が多くて、
なんだかとても頼もしかったです。待ち時間の間に心構えが出来上がったのかも
しれません。

皆さん山の中にどんどん入って行きます。


201107ibaragi_8.png
鴻巣さんが仕掛けたカブトムシトラップをチェックします。
これがあちこちにありました。布の下に樹液の様に特製の蜜を塗っているそうです。




201107ibaragi_9.png
カブトムシ探しのあとはバーベキューです。肉も野菜も一杯頂きました!!
ちなみに「なすび」はなんと紀伊国屋さんに卸している畑の物も混じっていたそうです。
とても美味しかったです!!

201107ibaragi_10.png
でもやっぱり主役はこのおにぎり!!これは鴻巣さんの田んぼで収穫したお米で握った
おにぎりですが、なんと豚糞堆肥と籾殻とEMぼかしを発酵させた堆肥を使用し、合鴨農法により栽培した有機米です。
とても美味しかったですよ〜!!


201107ibaragi_11.png
花火は日没からなので、それ迄はスイカ割りです。
子供達はみんな頑張ってました!



201107ibaragi_12.png
スイカを割る子供達と、応援する大人達。皆さんとても盛り上がっていました。
スイカ割りはみんなの心がひとつになるのでとても良いですね!


201107ibaragi_13.png
日没、いよいよ花火です。街中で花火をするのは大変ですが、
ここでなら遠慮はいりません。



201107ibaragi_14.png
きれいですね〜!花火の閃光、火薬や煙の匂いもきっと良い夏の思い出になるかも
しれませんね。



最後はホタル鑑賞です。少し離れた場所でしたが、木にいっぱいいて感動しました!
暗い夜道をみんなで歩いた事も子供達にはワクワクして刺激になったのでは。
201107ibaragi_15.png
この子もホタルを手に持たせてもらって、小さな手の中で明滅するホタルをしげしげと
とても興味深く眺めていました。良かったね(^▽^


201107ibaragi_16.png
この様に和気あいあいとした雰囲気の中イベントは無事終了しました。

参加者の皆さんには田舎の親戚の家に集まった様な雰囲気を味わって頂けたのではと
思います。現代ではこの様な機会はどんどん貴重になってきていますのでイベントの
意義を強く感じました。

今後もイベントを通して家族の思い出作りに貢献出来ればと思います。
皆様お疲れ様でした。

20110528odawara_1.png
いよいよスタートしました
【農エンプロジェクト第1弾「田んぼでアソボ♪」at 小田原市】
早朝からあいにくの雨模様。実際に実施が危ぶまれながらも
「予備日の方が悪天候」なんて予測もあり、実施を決断した
のですが・・・結果的にそれが功を奏したわけです。
サイコーの田植え日和とはいかなかったのですが、こちらの
進行スケジュールを分かってくれていたのではないか、と思う
ほどにうまく雨が止んでくれました。
20110528odawara_2.png

午前中の田植え作業、お父さん、お母さん、そして何より
子供達には十分に楽しんでいただけたのではないかと思います。20110528odawara_3.png
こちらが心配になるくらいの子供達の泥んこっぷりには、
現場スタッフの緊張感もほぐされていき
「あとは天気よ、保ってくれ!!」ただそれだけの心境に。


20110528odawara_5.png
そして昼食時に予定していた「おにぎりで世界を旅しよう!!」
という新企画も、スタッフの心配なんてどこ吹く風。
子供達に大人気の影山先生の協力、そして何とも
かわいいエプロンなどビジュアル面での効果、企画を
成功させるに十分すぎる協力体制でした!!
20110528odawara_6.png
お父さん、お母さん、子供達の共同作業でおいしいおにぎりを
作り、そしておいしく食す!屋外でのイベントの良さが
みなさんの笑顔に凝縮していたなぁ〜、なんて感じました。
20110528odawara_7.png20110528odawara_8.png


そんな笑顔を帰宅してからも思い出として楽しんでもらうための
Clip CM」新企画。こちらは農家の方々との写真や当日の
田植え風景などを4コマ漫画風に楽しいCMにしちゃおう、
というもの。後日家族だんらんの中、そして
思い出コンテンツとして楽しんでいただけたらと思っています。

そんなこんなで天気は快晴ではなかったものの、
みんなの笑顔は快晴!
何より子供達の笑顔には助けられたなぁ〜と感じた1日でした。
また会う日を楽しみにしています!20110528odawara_9.png
———————————————————————
エプロンってこんなにいっぱい種類があるの?!
ママとお揃いエプロンで料理にチャレンジ!
なんていうのもパパにはグサっとくるかもね!

エプロンストーリー様のサイトはこちら。

20110528odawara_11_2.png